文字サイズ

トップ > 企業情報 > イワブチの歩み

イワブチの歩み

明治18年(1885年)、当時、工務省に勤務していた岩淵茂右衛門氏が、電気通信用碍子と金物類の国産供給化を目指し工務省を辞し起業した岩淵電気工業と三光商事株式会社の折半出資により、昭和25年(1950年)資本金100万円で設立されました「岩淵電気器材株式会社」が当社の前身です。

「岩淵電気器材株式会社」は、昭和25年(1950年)の朝鮮戦争特需を受け、岩淵電気工業に碍子ピンなどの碍子金物を供給していました。
しかし、間もなく岩淵電気工業の経営が行き詰まったため、「岩淵電気器材株式会社」は、取扱品目を架線金物及び関連製品全般とし、取引対象を国鉄や私鉄各社等をはじめとして広く一般に求め、独自の歩みをはじめました。

昭和27年(1952年)9月、岩淵電気工業は、「岩淵電気器材株式会社」の株式のほとんどを手放す事態となり、当時、「岩淵電気器材株式会社」代表取締役専務、光岡 清氏は、心機一転を期して社名変更することとし、岩淵茂右衛門氏と岩淵電気工業が、わが国の電気通信事業に果たした功績をたたえ、「岩淵」の名を残し、「岩淵電気器材株式会社」を「岩淵金属工業株式会社」として新たなスタートを切ることとなりました。

設立当時、架線金物業界には数多くの先発メーカーが存在しており、「岩淵金属工業株式会社」は自前の生産設備を保有しない後発企業として並々ならぬ苦労が伴いました。
このことから、自社生産体制を構築していくことが設立時からの最重要目標であり、一日も早いその実現は社員全員の夢であり願望でありました。

創業者 光岡 清

昭和25年

会社設立

設立当時、自前の生産設備を保有していない当社は委託加工と仕入に依存していた。

本社前での記念写真

昭和29年

自社生産体制構築の第一歩

生産設備を保有していない当社にとって、砂町工場(東京都江東区)の取得は自社生産体制構築に向けて大きな第一歩となった。

砂町工場

昭和37年

松戸工場(現本社)建設

生産設備増強を図るため新たに松戸工場(千葉県松戸市)を建設。

組立風景

昭和51年

社内加工一貫体制へ

プレス→めっき→組立の社内加工一貫体制が敷かれ、自社生産体制構築という大きな目標を達成した。

松戸北工場(現松戸工場)

昭和61年

昭和61年「岩淵金属工業株式会社」から
「イワブチ株式会社」へ社名変更

平成7年

平成7年日本証券業協会に株式を店頭登録

株式店頭市場登録証

平成14年

中国子会社設立

お客様のコストダウン要請を踏まえ業界で初めて自社工場を海外に(中国山東省海陽市)建設。

海陽岩淵金属製品有限公司

当社の沿革はこちらから